子ども乗せ自転車の防寒対策にレインカバーを購入!寒さが防げるか徹底検証してみた。

子ども乗せ電動自転車の防寒対策

こんにちは。

まんぬーです。

今年もあっという間に師走ですね。

最近娘が自転車に乗ると寒がるので、マフラーやら手袋やらを装着して乗せていました。

たしかに冬の自転車って寒いですよね。漕がずに乗っているだけともなればなおのこと寒そう。。

でも、いちいち防寒対策をするのは面倒だし、手袋は何度か落として探し回り、、どうにかならないものかと悩んでいました。

そして、チャイルドシートに風除け代わりにレインカバーを付けて娘を覆ってしまおうという結論に至りました。

早速後部座席のレインカバーを購入

購入したのはアクティブウィナーというメーカーの雨よけカバーです。

▼こちらの製品

電動自転車はブリヂストンのビッケなのですが、正規のカバーは結構お高いです。

我が家の自転車置き場は屋外で雨風にさらすことになり、盗難の可能性もあるので、値段も手頃なこちらの商品を購入しました。

取り付けてみたところ、サイズも問題ありませんでした。

☟おさまる娘

2歳の娘も取り付けてから寒いと口にしなくなりました!!

元々狭いところが好きなので気に入っています。

ちゃんと空気穴もあるので快適に乗れているみたいです。

私は相変わらず寒いので、いっそ自転車全体を覆ってほしい…

今回購入したアクティブウィナーのカバーは反射板がたくさん付いているので夜や雨の視界が悪い日でも安全に乗れそうです!

☟反射板がナイス

レインカバーはどれくらいの防寒対策になるのか

ちょっと気になったのでレインカバーでどの程度の防寒になるのか温度計を使って調べてみました。

この日の外気温は12℃。

温度計だけを後部座席に乗せて、カバーをせずに5分程走ったところ、10.5℃になりました。

続いてレインカバーをかけて温度計を持った娘を乗せて走ってくると…

レインカバーの中は13.5℃!

ちなみに近所を一周している間に娘はレインカバーの中で爆睡していました!

温度的には3℃の差ですが、風除けになるので体感的にはもっとあったかいのかも。

う〜ん、私も乗ってみたい。

レインカバーは防寒対策意外にも使える

今回は防寒対策目的でレインカバーを購入しましたが、それ以外にもいくつかメリットがありました。

チャイルドシートの劣化防止

チャイルドシートのクッションが雨風から保護されるので劣化しません。

あと、雨の次の日などはシートが濡れてしまっていてタオルなどを敷いて使っていましたが、その心配もなくなりました。

猫よけ

我が家の周りにはノラ猫が何匹か住み着いていて、チャイルドシートに座っている姿を何度か目撃しました。

毛がつくからやめてほしいのですが、言葉が通じるはずもなく。

でもレインカバーを装着してからはシートが毛まみれになることがなくなりました。

鍵をとり忘れても少し安心

このレインカバーですが、鍵の部分を覆ってくれるので、鍵が付けっ放しになっていてもそのことがわかりません。

ここだけの話、私はよく鍵をかけ忘れるので、少しは防犯対策にもなりそうです。

買い物のときにも活躍

最近は買い物で近所をまわるときに荷物を入れるのに使用しています。

落ちる心配もないし、防犯対策になって意外と便利です。

まとめ 後部シートにはレインカバーを装着すべし!

レインカバーを装着して無事に防寒対策をすることができ、大満足です。

自転車に乗る度に寒い寒いと言っていた娘もるんるんで乗ってくれるようになりました。

まだ雨の日には乗ったことが無いのですが、娘が喜びそうなので今度チャレンジしてみたいと思います。

▼今回紹介した製品はコチラ

おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です