無痛分娩の体験談と出産費用。この痛みなら何人でも産めちゃう?!

こんにちは。

まんぬーです。

この度、第二子を無痛分娩(計画)で無事に出産しました。

▼なぜ無痛で産んだのかはこちらの記事で紹介しています

無痛分娩で出産しようと思った理由。陣痛の痛みはもうこりごり!

まだあまり浸透していない無痛分娩ですが、どんな進行だったかを紹介するのでこれから出産の方は参考にしてください!

無痛分娩の体験談

病院で事前に無痛分娩の出産について、どのような進行かおおまかな説明がありました。

私は無痛分娩で更に出産の日を事前に決めて出産する計画分娩という形をとりました。

その日の前日から前泊し、麻酔を使用しつつ促進剤を使って出産するというのがおおまかな流れです。

詳細は以下の記事で紹介しています。

▼無痛分娩(計画)のスケジュール

無痛分娩(計画分娩)のスケジュールとやり方とは?後期母親学級に行ってきた!

私は陣痛が自然にこなかったので、37週のときに予約した日付で入院し、促進剤を使って出産することになりました。

実録!無痛分娩での出産。

私の出産までの経過を紹介します。

無痛分娩で更に産む日を事前に決める計画分娩で出産した場合の流れになるので、これから出産を控えている方や無痛に興味のある方は参考にしてください!

入院1日目

15:00 病院に行く。

内診で子宮口の開きを確認したところ、1.5cmでした。

3cm以下のため子宮口を強制的に開くためのラミナリアを入れました。

ラミナリアとは?いわゆるバルーンの役割

海藻でできた黒い棒で子宮口に入れると水分を吸って膨張し、強制的に子宮口を開かせます。

差し込むときの痛みが激痛で、不意を突かれ悶絶。しかも5本…

叫ぶほどの痛みではありませんが、陣痛や出産の瞬間含め入院中1番痛かった処置でした!

第一子のときはラミナリアの進化形?のバルーンを使用しました。

バルーンを入れた痛みはここまでひどくはなかったので、どうせならバルーン使ってよって思いました。

無痛分娩の病院ならそこは徹底して・・・泣

16:00 モニターを付ける

モニターを付けましたが、まだ陣痛はきていませんでした。

その後は部屋に移動してしばらく待機。

17:20 硬膜外麻酔の準備

出産の準備として腕に点滴、腰に麻酔を流すための針を刺しました。

※点滴は妊娠中、溶連菌に感染したためです。

腰への処置はなんとも気持ちの悪い痛みで、ビリっとしびれる感じと腰がズーンとしました。

先生に

どうだった?

どんな痛みだった?

1人目普通に産んだ痛みと比べたら大したことないでしょ?

と、感想を何度も聞かれました。

男性で出産の痛みを経験したことがないから気になった?それとも変態?笑

処置を終えたら痛みはなくなりました。

18:00 夕飯

豪華な中華ブュッフェ。夕飯は普通に食べてOKでした。

22:00 就寝

睡眠薬を処方され就寝…

しようとするも、まったく眠れず。

入院2日目

4:30 陣痛開始

陣痛の痛みで目がさめました。

第一子のときもバルーン入れたら勝手に陣痛がきたので、私は子宮口を無理やり開くと陣痛がくる体質なのかもしれません。

5:00 分娩台へ

痛みが10分切ってるので分娩台に移動

ラミナリアを抜く、このとき子宮口は4.5cmでした。

陣痛は2分間隔で重い生理痛くらいの痛みで、耐えられるレベルでした。

5:15 麻酔開始

硬膜外麻酔の薬を背中から入れました。入れた瞬間は腰が冷んやりします。

麻酔の強さは2段階の内、とりあえず1段階目。

5:30 麻酔が効く

陣痛は2分間隔くらいでしたが、痛みはほとんど無かったです。

第一子のときはこのあたりから痛みで悶絶していました。

産まれそうなので、夫に鬼電するも出ません。

マナーモードはオフにしておくように伝えるべきでした…

痛みがないので正直暇で、眠くてうとうとしていました。

6:30 麻酔を追加

痛みが強くなってきたので、麻酔を追加して強くしてもらいました。

麻酔が効き始めるとまったく痛みはなく、足が軽くしびれているような感じ。

陣痛間隔は2分切るくらいで、子宮口は6cm開きました。

7:30 気持ち悪い

痛みはないものの陣痛が来るタイミングで気持ち悪くなりました。(副作用と言われた)

ポカリを飲むと気持ち悪さが少し解消されました。

9:10 夫到着

やっと夫が病院に着きました。このとき子宮口9cmでした。

9:50 子宮口全開

子宮口が全開となり破水しました。

このタイミングで夫が分娩室に入って来ました。(←ギリギリまでトイレで下痢してたらしい・・・)

10:00 いよいよ出産

助産師さんがいきむタイミングを教えてくれてそれに合わせて2回いきんだら、頭が見えました。

外陰切開(麻酔のため痛みなし)をしてもらい、さらに2回いきんだら誕生しました!

あっという間すぎて夫も驚いていました。

第2子だから早かったのもあると思いますが、陣痛の痛みがないので赤ちゃんがしっかりおりてくるのを待ってからいきみ始めたこともすぐに産まれた理由の一つだと思います。

10:30 産後の処置

胎盤を出し、外陰切開した部分を縫う処置をしました。まだ麻酔が効いているので、痛みはありむせん。

11:00 赤ちゃんと対面

産後の初対面です!

対面中に気持ち悪くなり私が嘔吐しました。(麻酔の副作用?気が抜けた?)

夫が一生懸命処理してくれました。ゴメンナサイ。。

12:30 病室へ移動

麻酔がまだ効いているので病室へは車椅子で移動しました。←人生初の車椅子

13:00 経過観察

お昼ご飯(直前まで空腹で死ぬかと思う)を食べ、部屋でダラダラ過ごしました。

14:00 初トイレ

無事にトイレを済ませ、動いてOKの許可が出ました。

無痛分娩の費用

今回の出産でかかった費用は約54万円でした。

補助金が42万円出るので12万円オーバーでした。

私は経産婦で早めに退院したので、安く済みました。

普通に入院すると更に+5万円くらい上乗せになります。

▼詳しくは以下の記事で紹介しています。

無痛分娩の体験談まとめ

私はラミナリアを入れたら自然と陣痛がきたので、陣痛の促進剤は使わず予定よりも少し早めの出産となりました。

自然と陣痛が来ない場合は、朝の8時ごろから促進剤を打ち、経産婦は昼頃、初産だと夕方頃に出産となることが多いみたいです。

自然分娩と比べて無痛分娩は出産も産後もとにかく楽でした。

これなら何人でも産めると思いました。

▼▼無痛分娩の詳しい感想は以下の記事で紹介しています▼▼

第一子の自然分娩は痛すぎて、出産=恐怖でしたが、無痛を経験してやっと出産=幸せと思えました〜。

医学の進歩ってすごいですね!

おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です