一時保育を週一で利用中。料金や内容はこんな感じ!

こんにちは。

妊娠4ヶ月(2人目)のまんぬーです。

第二子を妊娠したものの実家も遠く、夫も忙しいので、娘(もうすぐ2歳)を一時保育に預けることにしました。

私の住んでいる自治体は一時保育をしている保育園が多いのですが、料金や利用できるかは各保育園に直接問い合わせる必要がありました。

面倒くさがりな私は中々動きだせずにいたのですが、知人のママ友が利用している話を聞いてやっと踏み切ることができました。

各保育園や自治体によって異なる部分もありますが、一時保育の料金や必要な物について紹介するので、これから利用を考えている方の参考になればと思います☆

一時保育利用までの流れ

まずどの保育園を利用するか選定しました。

選ぶ際に考慮したことは以下の内容です。

1.自転車で送迎できる範囲

まずは自転車で通える範囲か自分で調べてピックアップしました。

送迎できないことには通えないので、当たり前といえば当たり前なのですが。

自転車で通える範囲だと私の自治体では10個くらいが該当しました。

2.一時保育の料金が安い

次に調べたのが料金です。

料金は園によって異なるので、HPで調べたり問い合わせたりしました。

1番近い認可外の保育園はとっても高くて1時間1,100円!

結局利用することに決めた園は1時間350なので、3分の1におさえられました。

自治体によっては一律の料金設定の場所もあると思いますが、園による場合はしっかり調べて下さいね!!

3.園の雰囲気が良い

園の雰囲気はママ友の口コミと園庭があるかで決めました。

通うことになった保育園は先生たちも優しくて娘もすぐに懐いていました。

いくつか保育園をまわりましたが、園によって先生の雰囲気(年齢層や子どもへの接し方)も全然違うので、なんか合わなそうと思ったら、他の園にも足を運びましょう!

おそらく親に合わない時点で子どもにも合わないと思うので、ここは面倒くさがらずに頑張りましょう!

一時保育利用の準備

一時保育を利用するにあたり、事前に知っておくと便利な情報について記載します。

あくまで娘の通う園についての情報ですが、一時保育のイメージがわくと思います。

一時保育利用の優先順位

利用の優先順位も園によって異なりましたが、大体の園で優先度の高い順に以下の通りです。

  1. 継続的な就労、職業訓練、就学、疾患、出産
  2. 災害、事故、看護、冠婚葬祭、やむを得ない理由で家庭保育が困難
  3. 私的利用(リフレッシュ)

私は出産と地域新聞の配達が一応就労と認められ、あっさりOKしてもらえました。

とは言っても、枠はいっぱいで唯一空いていた木曜のみの利用となりました。

当たり前ですが、後から優先度が高い人が来ても、先に継続的に利用している人を辞めさせることはできないようです。

早いもの順なので、利用を考えている方は早く動きましょう!

一時保育の料金

先ほども書きましたが、娘が通うことになった園の一時保育の料金は1時間350円です。

給食は別途300円がかかります。

私は9時〜12時給食ありで預けるので、一回1,350円。月4回で5,400です。

思ったよりも安くてびっくりしました。

手のかかる娘をこんなに安い料金で預かってくれるなんて、ありがたい限りです。

地域新聞の配達で月25,000円のお小遣いがあるので、そこから捻出しています。

▼参考:一時保育の料金表

一時保育の予約の流れ

利用する園では1か月前に利用したい日取りを所定の用紙に記入し、提出します。

早い者勝ちというわけではなく、あくまで全体の申し込み状況を見た上で利用者を決定するとのことでした。

ネットでの予約ができる園や申し込み順の園もあるみたいです。

一時保育の持ち物

持ち物はすべて記名が必要です。内容は1、2歳児を対象としています。

  • 着替え2~3セット
  • おしり拭き
  • マグマグorコップ、スプーン、フォーク
  • お昼寝布団一式(午後まで預ける場合)
  • 汚れもの袋(スーパーの袋)
  • ハンドタオル2枚
  • オムツorパンツ
  • 食事用エプロン
  • 帽子
  • 連絡帳(所定の用紙)

布団の用意が必要なので、午後まで預けるのはかなりハードルが高いですよね。

午前中のみ利用している方がほとんどのようです。

中には敷布団のみ用意してくれる園もあるので一日預ける方は事前に調べてくださいね。

一時保育の注意事項

注意事項としては主に以下の内容を伝えられました。

注意

体温:37.8℃以上ある場合は預けられません。

服装:動きやすく脱ぎやすいもの。フードの無いもの。

遅刻・欠席連絡:当日朝9時まで

薬:原則預かり不可。

もちろん体調が悪くなったときや大きな怪我をした場合にはすぐに迎えに行く必要があります。

一時保育で過ごす一日

スケジュールはだいたい以下の感じで過ごしているようです。

一時保育を利用して良かったこと

一時保育を利用してメリットがたくさんあったので紹介します。

自分の時間ができる

週1回たった3時間ですが、自分の時間が確実に確保できることはありがたいです。

私は保育士の資格を独学で勉強中なので、過去問を解く時間にあてています。

子育てをしているとまとまった時間を確保することは難しいですよね。

やりたいことがあるけど、諦めているママにはとってもおすすめです。

子どもが自立する

娘は同世代の子と遊ぶことが大好きなので、お友だちができて楽しそうです。

2歳なりに親のいないところでもしっかり過ごしています。

おおげさかもしれませんが、娘が先生やお友だちとの信頼関係を自分で築いている姿を見ると、社会に出る第一歩を踏み出したんだな〜としみじみ思います。

ママ離れする

一時保育を利用するようになって、実家に預けたりママ友に見てもらったりしやすくなりました。

娘自身ママがいなくても平気と思えるようになったことに加えて、ママである私自身も預けても大丈夫と思えるようになったので、双方に良い効果があったと思います。

育児の相談ができる

とっても面倒見のいい保育園なので、娘の成長をよく見てくれています。

週一しか預けていないのに、トイレトレーニングも一緒になってやってくれます。

2人目が産まれる前におむつを卒業させたかったので、とても良いタイミングでした。

他にも気になることがあると保育園の先生に相談しよ~と思えるので、モヤモヤ悩むこともなくなりました。

一時保育のマイナスポイント

マイナスに感じることはあまりありませんが、少し気になることを参考までに書いておきます。

中々慣れない

娘は保育園はお友だちもいておもちゃもたくさんあって楽しいようで、すぐ慣れてくれました。

でも、週一の利用なので、中々慣れなくて大変な子もいるようです。知り合いは毎回大泣きなので、週二回に利用回数を増やしたと話していました。

お客様扱い

利用している園の一時保育は普通にフルで預けられている子と別保育の形態をとっています。

なので、一時保育組はプールには入れなかったり園庭で遊ぶ時間も別だったりします。

預けている時間が短いので、それくらいは仕方のないことだと思っています。

一時保育のまとめ

子育てを一人でしているとこれでいいのかなと思うことが時々ありましたが、一時保育を利用するようになって、一人で育てているプレッシャーから開放された気がします。

現状では保育園への公的支援は利用していない家庭にはまったく恩恵がなく、不平等感があると思います。

もっと一時保育の利用のハードルが下がってだれでもサービスを受けられる環境が整っていってほしいですね。

一時保育の利用を迷っている方は是非使ってみてくださいね。

おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です