ママ友ができない悩みを解決!規則正しく外に出てママ友をつくろう。

ママ友をつくる難しさ

突然ですが、みなさんには困ったときに子どもを見てもらったり、一緒にどこかに遊びに行くようなママ友がいますか?

私は娘が一歳半になる頃まで中々気のおけるママ友ができずにいました。

仕事をしているときは、会社に行けば話す人もいるし保育園の先生とも話をしていたので、ママ友がいないことなんて特に気にならなかったのですが、いざ専業主婦になってみると思いのほか孤独で話す相手がいなくてさみしい!

そこで、ママ友をつくろうと思いたったわけですが、ママ友つくるのって難しいですよね。 だって、ママ達の間には学校とか会社みたいな共通する組織がないですから。

少なくとも今までの私は学校とか会社とか何か共通の組織に属している間でしか友達をつくったことがありませんでした。そんな私が急に子どもという共通点しかない行き当たりばったりの人と友達になるなんてどう考えても難しいですよね。

児童館やら子育て支援センターやらが家から遠い

児童館や子育て支援センターに行けば子ども連れのママたちでにぎわっているし、イベントなどもあるので仲良くなる人もでてくると思います。 でも、我が家からはどの施設も遠い。とても歩いては行けません。

そんなこともあり、娘を遊ばせるのはもっぱら近くの公園でした。でも、近くの公園に毎日行ってもおばあちゃん達がゲートボールをしているくらい。娘のことはかわいがってくれるけど・・・ごめんなさい、私がほしいのはママ友なんです。まあでも特に行く宛もないので、毎日公園に通っていました。

公園選び

遊び

家の徒歩圏内にいくつか公園があったので、公園をめぐるようになりました。すると、子連れママが多い公園と時間帯というのがわかるようになりました。

娘と同じ1歳半くらいでも遊べる砂場や滑り台のある公園が人気で、時間帯は午前中に来ている人が多いです。 娘も同年代の子が多い公園を気に入り、毎日同じ時間に同じ公園に行くようになりました。

公園には素敵なママがいる

毎日公園に行っていると、私と同じように毎日のようにしつこく公園に来ている子がいることに気づくようになりました。お互いまた会いましたねという感じで徐々に会話がはずむようになりました。

そして気づいたのですが、毎日同じ時間に同じ公園に子どもを連れてきて遊ばせるようなママさんというのはとてもしっかりしていて素敵な人が多い。私も見習ってなるべく毎日同じ時間に公園に行くようにしました。

規則正しく公園に行く難しさ

時間

でも毎日決まった時間に公園に行くというのは意外と難しいです。もちろん雨の日はいけませんが、曇っていたり寒いと今日はいいかなとか思ってしまいます。我が家は娘がずーっと玄関で待っているので、行かざるを得ない状況になっていましたが、自発的に毎日公園に行くことは意外と大変です。

それをやっているママ達なので、自律していて素敵な方が多いことにもうなずけます。

積極的に自分のことを話す

私は娘の友達ももちろんほしかったですが、自分自身のことを話せる友達も欲しかったので、積極的に自分の話をするようにしました。そうすると、女性って基本話す好きな人が多いので、相手も色々話してくれてとっても盛り上がりました。

そして話してみると、女性ならではの仕事に関する悩みとか夫の転職の話とかみなさん子育てに没頭している一方で色々なことを考えていることがわかりました。 当たり障りない子どもの年齢や名前の話だけしていてもおそらくいつまでたっても深い仲にはなれなかっただろうと思います。

ママ友の重要性

ママ友ができてみて、パパも含め子育てをしている家庭同士の結びつきを強くすることは子どもを安全に育てていく上で大切なことだと思いました。 親だけでなく子どもにとっても親以外の知っている大人が周りにいることは良い環境だと思うし、子どもを見る目が多い方が安全です。

今は地域というもののつながりが薄れてしまっていますが、少なくとも子育てをしている人たちは自分の子どもを守るという意味でも積極的につながりを持とうという意識を持って生活してくれたらもっともっと子育てがしやすくなると思います。

ママ友が欲しいと思っている方は是非規則正しく公園や児童館に行ってみてください。素敵な出会いがあると思います。

私もこれからもママ友(もちろんパパ友も)の輪を広げていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です