赤ちゃん(女の子)のおすすめ絵本5選!娘のお気に入りを紹介。

赤ちゃん向けの絵本はたくさんありますが、中でも娘が気に入って何度も読んでいる絵本を紹介します。 ただ読み聞かせるだけではなく、自然と親子でコミュニケーションがとれたり、内容から派生して色々なことを想像できるような絵本を選びました。

①なあになあに

厚紙でできていて角もまるく、丈夫で安全な絵本です。娘もとってもお気に入りで引っ張ったり、噛んだり、投げたり、かなりスパルタな扱いをしてきましたが、まったく破損していません。 切り抜きがあって次のページが見れる仕掛けがついているのですが、切り抜きの部分がつかみやすいので、初めて自分で本をめくれるようになったのはこの本でした。 もうすぐ2歳になりますが、いまではページを開く前に次のページを言い当ててたのしんでいます。

②めくってばあ

フェルトは日々かなり強く引っ張っていますがまったく破損していません、もはやどうやって付いてるのか気になります…。 1歳3カ月ごろからめくると同時に自分で「ばあ」と言えるようになりました。 夢中でフェルトをめくる娘は文句なしにかわいいのですが、本の中に出てくるひよこやあひるもとってもかわいくて癒されます。 こちらの本と先ほどの「なあになあに」の2冊は知人の小学生の娘さんが選んでくれたプレゼントだったのですが、さすが子どもが選んだだけあって娘の心をわしづかみにしていました。

③ぺんぎんたいそう

この本は図書館の司書をしている友達がプレゼントしてくれました。図書館でもとっても人気なんだそうです。 ぺんぎんの親子が体操をしている内容なのですが、本の内容に合わせて一緒に足をあげたりじゃんぷしたりすると娘はとっても喜んでいました。 一歳半になった今では自ら率先して体操しています。 よちよちしたぺんぎんの動きがとってもかわいいです。

④こぐまちゃんシリーズ「こぐまちゃんとどうぶつえん」「しろくまちゃんとホットケーキ」

大人気のこぐまちゃんシリーズですが、私はこの2冊がお気に入りです。

「こぐまちゃんとどうぶつえん」

ぺんぎんが上を向いて魚を飲む姿やらくだが口をもぐもぐしている姿など動物の特徴的な動きが描かれています。 この本に描かれている動きを実際に動物園で見せてあげたいな~と思いました。 動物に興味を持つきっかけになると思います。

「しろくまちゃんのほっとけーき」

お母さんと一緒にホットケーキを作る話です。道具や材料を準備してお母さんと一緒に一生懸命作ったホットケーキをお友達と一緒に食べるという喜びがたくさん詰まった一冊です。 実はこの本、気に入って図書館でよく借りてきていたのですが、あるとき油断してビリッと破かれてしまい買い取って我が家にやってきました・・・。買おうかな~と思っていた矢先の出来事だったので、まあいいのですが。 子どもの本を図書館で借りるのはもう少し大きくなってからだなと反省しました。。 読んでいると娘がもう少し大きくなったら一緒にホットケーキを作りたいなあと思います。

まとめ

0歳、1歳の頃の赤ちゃんはまだ言葉もあまりわからず、意思疎通が難しいと感じるかもしれません。 私も娘が赤ちゃんの頃、言葉が通じていなくてもどんどん話しかけた方がいいと頭ではわかっていても、つい無口で過ごしたりしてしまいました。 そんなときに、絵本を一緒に読むと、同じところで笑ったり悲しんだりすることができて、気持ちが通じ合ってうれしい気持ちになりました。 成長が目まぐるしい時期なので、毎日読み聞かせをしているとあるとき自分でめくろうとしたり、声を出したり、笑ったり…成長する姿が見れてとっても感動しました。 どれもとっても良い内容なので、ぜひ読んでみてください。 おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です