夫が転職したいと言うのに口だけだから、後押しした妻の話。

夫が転職したいと言い出した

 

大企業に勤めている夫が転職したいと言いはじめました。

私は夫の人生なので好きにすればいいと伝えました。(注.冷たいのではなく、愛情あってのです)

もちろんお金の心配とかは色々ありますが、嫌な仕事をこの先30年も続けて病気にでもなったら困るし、貧乏よりも仕事の愚痴ばかり言う方が子どもには悪影響と判断しました。

なんで転職したいのか

夫が転職したい理由は主に以下のような内容です。

・社風が内向きで社内政治を頑張らないと出世しない
・だれでもできる事務処理や社内説明が多く、仕事のスキルが付かない(それなのに残業は多い)
・尊敬できるような上司がほとんどいない

私も同じ会社に勤めていたので、この気持ちは非常にわかります。勤めている会社はインフラなので、余裕があるせいか必要ないようなことにエネルギーを割く場面が多くありました。

両親や友人からは、もったいないとか転職なんて贅沢だと言われます。私も内情を知らなかったらそう言っていたと思います。

でも、勤めていたからこそ夫の気持ちは痛いほどわかり、夫の転職を後押ししようと思いました。

転職したい夫のために妻ができること

でも、口では転職したいと言っているのに、中々踏み切れない夫…。

正直、今は給料もまずまずだし、福利厚生も良く、インフラなので安定しています。夫はどうやら”もったいない”という気持ちと、転職に対する不安があったようです。

今の会社から出て行っても同じようなことでまた自分は悩むんじゃないか。自分に合う会社なんてないんじゃないか。 夫の思いもごもっともです。

今回の転職は自分がやりたいことが他にあるというよりも、会社の社風が合わないということが原因なので、自分の求める社風と転職先の社風が一致する必要があります。でも、中々他社の社風というのは知ることができないし、そもそも自分がわがままなだけで世のサラリーマンはみんな歯を食いしばって働いているのかもしれません。

そこで私も色々と調べた結果、ある本にたどり着きました。色々な企業や業界の社風を知るのにとても役立つ本なので、紹介させて頂きます。

転職する前に読んでおきたい本。”若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか”

 

著者の渡辺氏が27歳のときに転職するときに、こんな情報があればうまく転職できたのに…という内容がまとめられています。

実際に会社で勤務する社員や辞めてから1年以内の社員200人以上に取材を行った内容なので、各企業や業界の社風などが赤裸々に書かれています。2007年に出版された本なので、2008年のリーマンショック前ということもあり、2017年現在の状況とは異なる部分もありますが、夫の会社については少なくとも書かれている通りでした。

自分の会社の客観的な扱いを知る

夫はこの本を読んで、会社に対して自分が抱いていた不満が間違っていなかったこと、そして自分が求めているようなカルチャーの会社があることを知れたようで転職に対して前向きになれたようです。

会社に対して不満に感じるのは自分に能力が無かったり頑張りが足りていないのではなく、今の会社の社風に自分の考え方やなりたい人物像が合っていないことがわかったみたいです。

自分の軸は何か

転職のときに大事なことはまずは自分の優先順位をはっきりさせることです。そしてそれに合う企業を見極める(これが一番難しいと思うのですが)ときに必要となる予備知識が本書には書かれています。

本書を読んで企業を外から見るのと内から見るのではまったくイメージが違うことがわかりました。

例えばトヨタと聞いたら大企業で積極的な社員が多いイメージでしたが、実際は与えられたことをする方が評価される社風らしくイメージダウン。IBMはすぐリストラする厳しい会社と思っていたら、IBMで働けなくなっても通用する人材を育てるため研修制度などが充実している、やる気がある人には良い会社でイメージアップ。

というように私もこの本を読む前後でイメージが変わった企業がたくさんありました。夫も今の会社は名の知れた大企業だから入った部分があったようですが、転職では社外向けの資料や社会的なイメージに惑わされることなく、自分の軸に対して合っているかどうかをしっかり見極めてやっていってくれると思います。

夫の転職まとめ

転職市場ではそもそも社風に合うかは相手側もしっかり見極めてくると思うので、自分の考え方を嘘偽りなく出せれば自然とマッチした企業から内定通知が出ると思います。

夫にも新卒の頃の就職活動のように嘘ばかりを並べて偽りの自分を採用してもらうのではなく、自分の考えや軸をしっかりと伝えてそれに合う会社と巡り合えたら良いなと思います。夫は私に転職を止められると思っていたようですが、むしろ後押しされてびっくりしたようです。

転職と言うとネガティブなものにとらえる風土がありますが、自分から変わりたいと思う気持ちは大切だと思います。

芸人の光浦さんがテレビで、「自分で変わろうと思ってする変化はいいものだけど、気づかない間に変わってしまっている変化はよくない」という話をしていました。

本当にその通りだと思います。夫も現状維持のままだと、よくいる大企業で勤め続けて気づいたら偉そうになっていたおっさんになりかねません・・・。

妻として夫の新たな門出(まだ決まっていませんが)を応援したいです。

おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です