新生児から使える抱っこ紐のおすすめ、エルゴのアダプトを徹底レビュー。実際に使った感想を紹介。

赤ちゃんが産まれたら抱っこ紐の購入を検討する方、多いと思います。中でもエルゴは多くの方が購入を検討する抱っこ紐ではないでしょうか。

1年間愛用してわかったエルゴのアダプトの魅力をお伝えします。

魅力 その1 新生児から使える

新生児(3.2kg)から使えるのはとても魅力的です。

今までのエルゴの抱っこ紐では別売りのインサートを使用する必要がありましたが、正直高いし使い勝手も悪い。

そんなインサートがいらないアダプトはそれだけでも買う価値ありでした!

魅力 その2 成長に合わせてサイズ調整可能

既存のエルゴと比較すると、アダプトは赤ちゃんのおしりを支える部分の大きさが3段階で調整できるようになっています。

そのため、新生児の小さい頃でも脚が開きすぎることがなく、さらに大きくなってからでもおしりをしっかりホールドしてくれます。

更に、頭を支える部分についても2段階で調節できるようになっています。

起きている内は折り畳んで頭を出して抱っこしてあげて、寝たら起こして首を支えられます。しかもボタンで留めるだけなので、抱っこしたままで調節が可能なところもとっても実用的。

魅力 その3 腰ベルトが太い

友人が既存のエルゴの抱っこ紐を持っていたので試しに着けさせてもらったのですが、なんか腰回りが安定しない。なんでだろうと思ったら、アダプトにはある腰部分のパットがない!

着けた一瞬で安定感の違いがわかるということは、長時間着けたらだいぶ疲れが違うのではないでしょうか。抱っこ紐は長時間使用することもあるので、少しでも安定感がある方がいいですよね。

補足.豆知識

アダプトに関係なくエルゴに関する豆知識を2つ紹介。

①調節紐の先端についているゴム。

一見何かと思うこのゴム、なんと紐をまとめられるんですね。これがあるおかげで紐の多いエルゴでもすっきりとしたデザインに見えるんですね。


②たためる

よく収納カバーとか売ってるんですけど、なくてもコンパクトに畳めます。



 

この2つの工夫点を知ったとき、私はとてつもなく感動しました。なんてよくできた製品なんだと。

できたらいいながすべてできていると。(この知識、みなさん当たり前に知っていることだったらゴメンナサイ・・・)

まとめ

エルゴのアダプトは他のシリーズと比べてお値段高めなのですが、1年経った今も買ってよかったと思っています。娘もすっかりお気に入り(というか体の一部?!)で、眠くなると引きずり出してきます。9kg超の今でも大活躍です。

唯一アダプトの欠点はカラーが他のシリーズと比べて少ないこと。ブラックとグレーしかなく、ブラックは汚れが目立つのでグレーを使用しています。

これからカラーやデザインが増えていくことに期待ですね。

おーしまいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です